FC2ブログ

石原祐介。声楽家(バリトン)、合唱指揮者、ボイストレーナーとして一所懸命に日々を生きる、音楽家のブログ。

ガウディウム練習日記(7月15日)

17:30~20:30
上甲子園公民館、講堂


ウォーミングアップ
Hosanna(Mozart)
Herbstlied(Mendelssohn)
にじ色の魚(木下牧子)
Christ ist erstanden(Schubert)
Die Nachtigall(Mendelssohn)


ウォーミングアップでは、半音、全音、3度の順次進行という形で音階練習をしました。
また、2人1組になり、半音、全音を交互に歌ってから順次進行を一緒に歌うという練習をしました。
一人一人の音程に対する責任感と相手と共有する意識が必要ないい練習だと思います。
今後もしばらく取り組んでみようと思います。

また、これまでは完全4度の音階練習を同時に歌って練習していましたが、今回は一方が音階を歌うと、もう一方は同度で伸ばすという形を交互に繰り返して練習しました。
このことにより、一つ一つの音程の幅をどのようにきれいにハモらせるかという課題に取り組むことができました。
頭の体操を兼ねて、今後も取り組みます。
さらに組み合わせも複雑にして、ゲーム感覚で続けてみようと考えています。

「Hosanna」では、メロディーが動く中で一瞬のハーモニーを決めることを意識して練習しました。

「にじ色の魚」では、作曲者がどのように意図していて作曲したかを私たちなりに読み取りつつ、それをどのように表現するかを考えながら練習しました。
木下牧子さんの作品はどれもきちんとした意図をもって作曲されていて、それを表現することがとても難しいように思います。
演奏する側はそれを表現できるようになるために、練習に取り組むわけですが、彼女の曲はそう簡単にはできるようにはなりません。
要するに彼女の曲は練習のしがいがある曲ばかりだということですね(笑)

ドイツ語の曲では言葉をきっちりと発音することが、その曲の持つ音楽をより深めるということを学ぶことができたように思います。
また、文法構造を意識してフレーズを歌うことで、音楽の動きがより自然になることも感じられて、有意義な練習になりました。

次回の練習は、

7月29日(日)
17:30~20:30
若竹公民館、講堂


です。

アンサンブル・ガウディウムでは、将来の演奏会開催へ向けて、団員をいつでも募集しています

また、練習見学、練習への体験参加をいつでも受け付けています

お問い合わせは、
info@gaugau.info(@を半角に)
までお願いいたします。

アンサンブル・ガウディウム
http://gaugau.info/

8月の練習予定

5日(日)
17:30~20:30
西宮市中央公民館、講堂

(阪急「西宮北口」駅下車、南へ徒歩3分程度)

19日(日)
14:00~17:00
長岡京市中央生涯学習センター、4F交流室2


26日(日)
17:30~20:30
西宮市中央公民館、601・602集会室
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

石原祐介

Author:石原祐介
Yusuke ISHIHARA

声楽家(バリトン)
合唱指揮者
ボイストレーナー

公式プロフィールはこちら
もっと長い版(笑)はこちら

現在

 京都市立芸術大学(紹介
   音楽学部非常勤講師

 JCDA合唱指揮者協会
   会員

 大阪シンフォニッククヮイア
   合唱指導者

 京都バッハ合唱団(紹介
   団員

 上方オペラ工房
   メンバー

 アンサンブル・ルーチェ
   トレーナー

 合唱団ミクロコスモス
   ボイストレーナー

 男声合唱団アルシェ(紹介
   団員

検索フォーム
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる